交通事故治療,むちうち,不妊,逆子,骨盤矯正,肩こりなら一歩堂鍼灸整骨院・整体院へ。長野市,須坂市,千曲市,中野市,小布施中心に長野県全域から来院されています。

〒380-0911 長野県長野市稲葉1889 カトレアビル1F(トイザらス様そば) あいててよかった年中無休!

年中無休:月曜~金曜8:30〜12:30/15:30〜19:30 土曜日8:30~19:30日曜・祝日9:00〜17:30(すべて最終受付)

患者様用ご予約電話番号 苦労はゼロ

026-285-9680

腰痛(腰の痛み)

腰痛症

一歩堂はり灸整骨院は全身治療

腰痛のほとんどは、慢性疲労、運動不足、姿勢の悪さ(背骨のカーブが無くなっても、つきすぎてもダメです)、肥満、ストレス、筋力低下、筋肉のアンバランスなどによって起こる、いわゆる「腰痛症」と言われるものです。

腰痛症は、ひと言でいえば原因不明の症状で、腰の骨から来るものではありません。

レントゲンを見ても異常がなく、内臓などほかの要因もないのに腰が痛むというものです。中腰の姿勢で仕事をする人や、長時間座り仕事をする人などに多く、筋肉の疲労が積み重なって起こると考えられています。

しかも、背骨の筋肉が緊張するような姿勢を長時間とりつづけると筋肉がかたくこわばり、血行が悪くなり痛みを起こすのです。

腰痛と言っても様々な症状があります

腰がはっている・こっている・腰椎椎間板ヘルニア・座骨神経痛・脊椎分離症・分離すべり症・腰部脊椎管柱狭窄症や内蔵などの病気による、腰痛症などがあります。

お尻や足にシビレがでる坐骨神経痛。常に重い感じの鈍痛や 突然来る電撃痛。

また、急に激痛が走る腰痛症(筋膜性腰痛症)、いわゆるぎっくり腰(ギックリ腰)も、 そのひとつです。

  • 起床時や朝の洗顔時の腰の痛み
  • 重いものを持ち上げたり、靴下を履くときに急に出た腰の痛み
  • 長い時間同じ姿勢でいた後に、動いたときの腰への痛み
  • 座っていて立つ時など、ちょっとした動作時の腰の痛み
  • 脚やお尻が冷えると腰が痛くなる
  • 腰の痛みとお尻から脚にかけての痛みやシビレ

腰痛なら長野市一歩堂はり灸整骨院へお気軽にご相談下さい!

ギックリ腰

腰痛

腰痛の原因

P7290252.JPG

なんと、画像検査で特定できるのは約15%(椎間板ヘルニア、圧迫骨折、内臓の病気など)。約85%は画像検査で特定できません。

レントゲンで異常ありませんと言われたのに痛み、違和感がある方はご相談下さい!

全身のバランス整体でお手伝いします。

ぎっくり腰(急性腰痛症)

一番多い原因は、筋肉の慢性疲労です。ぎっくり腰は突然起きますが、症状としていきなりあらわれるだけで、ゆっくりとその原因は進行しています。ギックリ腰は足がつったのに近いかもしれません。

中腰で荷物を持ち上げようとした瞬間に激痛が走ったり、椅子から立ち上がった時などにぎっくり腰になりやすいですが、日常の中で同じ動作をしても平気だったのに(歯磨き中 台所の引き出し 靴を履こうとした時)、ある瞬間にぎっくり腰になってしまうのです。

これは、少しずつ毎日溜め込んだ筋肉疲労が、あるとき負荷の許容量を超えてしまい、腰痛として発症してしまったと言えます。(たまって、たまって爆発するイメージ)

日常生活を送る中で、筋肉疲労は必ず起こります。朝起きたら身体がリセットされ疲労が回復しているのが理想ですが、睡眠不足や栄養バランスが取れていなかったり、運動不足や座りっぱなしの仕事を続けるなどしていると、筋肉疲労が回復することなく徐々に蓄積されていき、やがて腰痛を招いてしまうことになるのです。

ぎっくり腰になる原因として考えられるものは、体重や筋肉のバランスや生活習慣、または生活環境、体質なども考えられます。ぎっくり腰の種類は人それぞれなのです。

ぎっくり腰はくせになる?

確かに体のアンバランスや筋肉のしこりなどが残っているとくせになりやすいです。しかし、しっかりとそこを治しておけばくせになりにくいのです。

今まで何回もぎっくり腰になって、またなるのではと恐れている方
痛みがある程度とれたら通院をやめていませんでしたか。根本原因がとれていないとまた、ぎっくり腰になる危険性があります。

ヘルニアと腰痛

長野市一歩堂はり灸整骨院は、カラダの部分ではなく全身治療だからです。

背骨を形成する椎骨と椎骨の間には、背骨にかかる衝撃をやわらげる働きをしている椎間板があります。椎間板は、丸いゼラチン状の「髄核」を中心に、その周囲を「線維輪」という丈夫な組織がとり巻いています。

ところが、この弾力に富む椎間板は20代になるとしだいに水分が失われ、変性してくるので、このころから線維輪にひび割れなどが生じます。そんなとき椎間板に強い圧力が加わると、髄核が線維輪にできた亀裂から押し出されることがあります。これが腰椎で起こるものを、「腰椎椎間板ヘルニア」といいます。椎骨の前方は強い靭帯に支えられているので、髄核が飛び出すのは椎骨の後方が多く、ほとんど左右どちらかに偏っています。このように髄核が飛び出したり、膨らんだりして後方にある神経根を圧迫するために腰に痛みが起きるのです。

特徴は

  • 歩くと脚にしびれ、痛み、脱力感
  • 腰や脚に麻痺がある
  • 爪先立ち、かかと立ちができない
  • 尿が出にくく残尿感、尿失禁がある
  • 体を前に曲げると痛みが増えやすい

ヘルニアを起こす場所はほぼ決まっていて、第4腰椎と第5腰椎の間、もしくは第5腰椎とその下の仙骨の間に集中しています。坐骨神経痛の原因になり、若い世代に多く見られるのも特徴です。

興味深いデータがあります。腰痛がない人を集めて画像検査をしたのに半数以上の方にヘルニアがみつかった。

ヘルニアがあっても腰痛がない方がたくさんいるのです。ヘルニアの約90%は手術をせずに症状が良くなります。

 

■脊髄終糸症候群終糸とは脊髄と尾骨をつなぐ糸のようなもの。本来ゴムのように伸びるが伸びないと脊髄に負担から痛み生活できないくらいなら手術(神経ではないので切っても大丈夫)

腰から①両足に電気が走るような腰痛。ヘルニアは片足

頻尿;膀胱の神経に影響

③終糸症状誘発テスト

前屈⇒前屈+首、頭を曲げる(へそを見る)

顔をあげて痛みが減れば脊髄終糸症候群

変わらなければヘルニア。脊髄が引っ張られている

腰部脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

特徴は

  • 高齢者に多い(70歳以上の12人に1人)
  • しばらく立っているだけで、太ももからふくらはぎやすねにかけてしびれたり痛くなる。台所に10分以上立つと太ももがしびれてくる。
  • 間欠性跛行(かんけつせい はこう)歩き始めてしばらくする(100~200メートル)と腰痛、しびれがでる。前かがみやしゃがんだりすると楽になってまた歩ける)
  • 前かがみ(おじぎ)になると楽になる(反らすとつらい→神経に当たる)
  • 両あしの裏側にしびれがある
  • おしりのまわりにしびれがある
  • しびれ、麻痺、尿漏れ、排尿障害

文字どおり、脊柱管(せきちゅうかん)が狭くなることにより起こる病気です。この脊柱管が狭くなると神経や血管を締め付けて症状がでるといわれています。

①馬尾型:神経の束が圧迫される

②神経根型:腰や脚などに出ていく部分が圧迫される

③混合型:両方が圧迫される

◎テスト1:①足を肩幅に開く ②痛みのある方に体をひねる③痛みのある方へ体を倒し(肩を下にさげる)

足に痛みが出るかどうかを見る⇒神経の出口を狭くする

◎テスト2:足を伸ばして前屈 痛みが出ればヘルニア

妊婦と腰痛(女性ホルモンと姿勢)

「女性ホルモン」の1つ、「リラキシン」
リラキシンの作用を簡単に言うと「関節を緩める」と、いうことです。

「リラキシン」の分泌によって、「月経前」や、特に「妊娠中〜産後」には、骨盤に限らず体内の関節をゆるめる可能性があることです。その中でも、関節を強く支えている「靭帯」を緩めると言われています。

そして、体の関節というのは「靭帯」に限らず「筋肉」や「腱」などの組織によって支えられています。そして、この「リラキシン」の影響で、「関節が緩くなる」→「筋肉」や「関節」に普段以上の負担が加わるのです。

 

  • 寝返りがうてないので身体中が痛い、特に腰まわり
  • 朝ベッドから起きあがるのも辛い
  • お腹が重く腰が痛い
  • 10ヶ月もの妊娠期間は身体にかなり負担をかけます。ストレスもかかり、腰痛になりやすくなります。

赤ちゃんを育てる子宮は腰の近くにあるため、腰は妊娠による影響を最も受けやすい部位です。妊娠することによって、お腹が大きくなり身体の重心バランスも大きく変化します。妊娠することで姿勢は常に重いものを持ち上げている状態と同じことになり、腰に強い負担を掛けることになります。

マタニティ妊婦整体なら長野市一歩堂はり灸整骨院へご相談ください。

出産後の腰痛

産後の腰痛の原因のひとつは、妊娠中の筋肉の緊張と骨盤のゆがみにより、身体がまだ正常な状態に戻っていないせいです。出産後3ヶ月位は、出産時にゆがんだ骨盤がまだ戻りつつある期間なので、腰痛が出ることもあります。産後の骨盤矯正で家族の笑顔を取り戻しましょう!

腰痛の原因となる病気

姿勢・運動によって痛みが変化するか

・判断基準

■前に曲げる、座ると痛い:ヘルニア

■立つ・歩く・反ると痛い:脊柱管狭窄症

■立ち上がる時痛い:圧迫骨折 

◎内科的疾患を見逃さない

・消化器(胃・十二指腸潰瘍、すい炎、胆石、大腸がん)食後に痛みが増えやすい。

泌尿器(腎・尿路結石、腎炎)排尿時に痛みが増えやすい。 

・婦人科(子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍)月経時に痛みが増えやすい。 

・循環器(解離性大動脈瘤) 

・細菌感染 化膿性脊椎炎:背骨の中にばい菌が入る 

・がん 転移性脊椎腫瘍:脊椎にがんが転移 

多くは筋肉からくる腰痛

筋筋膜性腰痛は、筋肉が損傷したり過緊張を起こしてなる腰痛症です。

腰痛の種類の中では筋筋膜性腰痛が多くの割合を占めています。筋筋膜性腰痛の症状は、筋肉を痛めて炎症を起こした場合の腰痛は「ズキンッ」とか「ビリッ」という言葉で表現されるような鋭い痛みとなります。

筋肉の過緊張による場合は「重い」「だるい」という言葉で表現されるような鈍い痛みとなります。

激しい運動や多いものの持ち運びなどを行った後は腰痛を感じることが多いように、筋肉の使いすぎや過度の緊張は腰痛の原因にないます。

 腰痛の原因で見過ごされやすいのが大腰筋という筋肉です。(腰の筋肉でも内臓の奥にあり、腰の骨の前側につき、横隔膜と腰の前と股関節の内側についている筋肉)この筋肉が発達しているからこそ、人間が立っていられるともいわれます。この大腰筋は腎臓と関連しています。

■10秒間にグーパー20回以上できれば正常
できなければの異常。首からくる腰痛もあります。

ご予約・お問合せはこちら

年中無休 土曜,日曜,祝日診療

ご予約、ご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームからご連絡ください。初めてなのですが~で悩んでいます。15日の10時頃は予約取れますか。とおっしゃってください。2回目以降の方はフルネームのお名前と診察券の左下に書いてある診察券番号を教えてください。

ご予約はご希望の日にち、時間になるべく近づけますので、ご希望の日時をいくつかご用意いただきますようご協力お願い致します。(例「いつ空いてますか」「午前中・午後・夕方入れますか」よりも「15日の10時入れますか」「何時以降にしか行けない、何時までには当院を出たい」など具体的に教えて頂けますとスムーズにご予約がお取りできます。

※患者様の施術中はお電話に出られない時がまれにあります。

その時は留守番電話にお名前・電話番号・伝言をお入れください。当院からかけ直させていただきます。

予約電話番号 026-285-9680  

受付時間:月曜~金曜:8:30〜12:30(最終受付)

           15:30〜19:30(最終受付)

土曜:8:30~19:30(最終受付)(昼休み無し)

日曜・祝日9:00〜17:30(最終受付)(昼休み無し)

一歩堂はり灸整骨院スタッフ

通事故専門ダイヤル(通話料無料)

0120-66-7089

交通事故受付時間外ダイヤル090-1705-1328

年中無休

交通事故治療の受付時間外は携帯電話におかけ下さい。

090-1705-1328

求人情報